うえにし小百合の取り組み

HOME > うえにし小百合の取り組み

うえにし小百合の取り組み

  • (1)税金の適正な使途の追及

    理由が不可解な随意契約、一者応札にならざるを得ないような理不尽な仕様書問題、或いは公務員の在籍年数が増せば自動的に資格が得られる不必要な研修所の維持費問題など、国民の血税が有効活用される途を探求しています。

  • (2)救急救命・消防関係の問題

    救急救命士免許保持者の有効活用、地域防災・減災策、市民参加型救命対応策など提案型質問を衆議院総務員会で繰り返しています。

  • (3)女性の活躍場の拡大策

    男女雇用の均等化の下での女性の結婚、出産、子育て策やシングルマザーや障がい者対策などの現況を掌握し、今後推進できるように様々な施設訪問、有識者との対談を繰り返しています。

  • (4)規制緩和の推進、既得権益の打破

    国民の日常生活に関わる諸法令の多くは、国民の福利厚生のためのものよりも、業者保護のスタンスのものが多数との立場から、国民生活の向上のための規制緩和策を提言しています。

  • (5)IR(総合リゾート開発)

    東京一局集中を解消し、大阪をリゾート中心都市にすることを主眼に、外国人観光客誘致策、産業発展策を研究しています。

page-top